ホーム > 兵庫県農業環境論A/B > 兵庫県農業環境論2018

兵庫県農業環境論2018

A(第1~8回)では、日本における兵庫県の農林水産業の位置づけ、現状と課題、政策展開を体系的に正しく理解し、批判的に評価したうえで、適切な対策を提案する力を養います。授業は、兵庫県職員、農水省職員、JA職員等を講師に迎え、オムニバス形式で実施します。
B(第9~16回)では、地域の農林水産業と政策立案について正しく理解し、ワークショップを通して、適切な行政施策を提案します。また、ワークショップの基本的な技法も習得します。
准教授

中塚雅也

👉プロフィール
ファシリテーター(篠山FS 学術研究員)

衛藤彬史

👉プロフィール

講義計画

第1回 10月5日 食料・農業・農村白書について
第2回 10月12日 兵庫県における農業協同組合の活動と農業情勢
第3回 10月19日 兵庫県農林水産行政の展開について
第4回 10月26日 農畜水産物の流通・消費 について
第5回 11月2日 兵庫県の農業改良普及事業及び環境創造型農業の推進について
第6回 11月9日 担い手育成について
第7回 11月16日 中山間地域の活性化と楽農生活の推進について
第8回 11月30日 県内の畜産業について