インフォメーション

新しい農のカタチ 農家さんお手伝いツアーの活動報告

10月12日(祝)に兵庫・丹波の有機農家の井上農園さんと、橋本有機農園さんのところへ、農作業のお手伝いに行ってきました。

地域連携センターがサポートする「新しい農のカタチ」は、
一過性的なその場でのお手伝い作業だけでなく、訪問を通じて 農家さんと仲良くなったり
地域の農業に関心を持ってもらうことにより、
まちに戻ってきてからも 農家さんや農村地域といろいろなカタチでつながりを継続し
はなれた場所からも農業を応援していくということを目指しています。
 
つながり方「新しい農のカタチ」は、参加した人それぞれが
日々の生活の中でゆっくり考えていってもらえればと思っています。

今回の訪問はスタッフを合わせ14名が参加し
夏野菜の後片付けや草引きと、鶏舎の見学をさせていただきました。

有機農業は 法律に従い無農薬で有機肥料を使うというだけでなく
地域で有機的なつながりを大事にしながら地域資源を循環・活用すること
ごみや廃物が農場から出ないように環境にも配慮することなど
出荷も一つの農園だけでなくグループで協力し合い消費者のもとへ届ける仕組みなど
短時間過ごしただけでも、いろいろなことがよくわかりました。

はじめてボランティア活動をするかた
はじめて畑で農作業をするかたも少なくなく
活動前はドキドキ緊張されていましたが
不安な気持ちも率直に自己紹介することで軽減されたようでした。

お天気も曇りがちで活動しやすく
畑では雑草や虫と奮闘し 
楽しく充実したひと時を過ごすことができたという感想をたくさんいただきました。

地域連携センターで事務局をしていて
一人ではハードルの高い農作業ボランティアも
グループだと最初の第一歩が踏み出しやすいということを
実感できたツアーとなりました。

次回はまちでの援農のカタチのイベントを企画しようと思っています。

(報告:地域連携センター 豊嶋尚子)

 投稿日:2015-10-14   カテゴリー: 地域交流活動
食農コープ教育プロラム
食農コープ教育プロラム