ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門第6回

実践農学入門第6回2011-10-15

篠山がだんだん身近に感じられるようになってきました。
今日は畑祭りぶりの篠山です。
空は曇っていましたが、なんとか持ちこたえてくれました。
畑祭りの時は肌寒かったですが、今回は少し寒さはましだったように思いました。

午前中は農家さんのお手伝いとして豆の葉をとる作業をしました。
収穫で忙しい時期に私たちを受け入れてくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

6月に植えた黒豆は大きくなっていました!
土もなかなか見えないほどです。
あの小さな豆がこんなに大きくなるのかと思うと感慨深いです。



全貌はこんな感じになっていました。



農家さん曰く今年は出来るのが遅く、あまり質も良くないそうです…
それでも普通の枝豆よりずいぶん粒が大きく感じられました!
このように一つのさやに3粒入っているのはラッキーだそうです。



葉をとるのは思ったより時間がかかりました…
しばらく作業をしましたがなかなか要領がつかめませんでした。



おいしいお昼ご飯をご馳走になったあと、一度みたけ会館に集合してから稲刈りに向かいました。

田んぼアートはこのような感じになっていました。
人と比べると田んぼって広いですね!



前日の豪雨のせいか足元は思っていたよりどろどろでした。



予定よりすこし時間が押してしまったので、畑祭りの動画は見られないままバスに乗って大学に帰りました。

実習もだんだん残り少なくなってきました。
少しでも農家の方に恩返しできるよう頑張りたいです!


6班 福島

「実践農学入門 2011」のレポート