ホーム > 実践農学入門 >  > 農業実践演習 第2回(13班)

農業実践演習 第2回(13班)2011-06-24

黒豆の苗取りをしているところです。
初めての作業なので、みんな一生懸命です。

黒豆の苗を植えているところです。
中腰のままの作業なので、かなりきつい作業でした。
私達は8人ぐらいでこの作業をしたので2時間半ほどで終わりましたが、農家の皆さんは2人で半日ほどかけてするそうです。
農業は地道でしんどい作業が多いのだと、改めて感じました。

セルフ苗の種植えをしているところです。
今回私達が植えた苗は床苗という、畑の畝の端に種をまき、発芽させたものを一度抜いて、畝に移植するやり方で苗植えをしましたが、セルフ苗のやり方だと苗を抜かなくても持ち運びできるので、セルフ苗のほうが手間が省けて楽だそうです。

これは、稲を収穫後に判別する道具で、今でも実際に使っているそうです。

これはコンバインです。
運転している間は暇なそうで居眠りをしてしまうことも…!?

最後に梅を収穫し、大量にいただきました。
皆で梅干しにするか、梅酒にするかいろいろ迷ってました☆
私は梅酒にしました。完成楽しみです♪
カトウ ユリコさん

「実践農学入門 2011」のレポート