ホーム > 実践農学 >  > 【売り場改善 @JA直売所「味土里館」】 第1回演習(8月20日実施)

【売り場改善 @JA直売所「味土里館」】 第1回演習(8月20日実施)2016-08-20

8月20日(土)晴れ、第1回演習を行いました!!

◎内容
-----
午前(9時~)
・挨拶と自己紹介
・出荷の仕組みの説明と出荷作業の見学
・味土里館の設立経緯や業務内容の説明、取り組みやその課題の共有
・店内の観察(人や商品の流れの観察等)
午後(~17時)
・店内の観察(人や商品の流れの観察等)
・本日のまとめ(発見と課題の共有、アイデア出し)
-----

第一回目の演習ということもあり、参加させていただいた朝礼で、まずはスタッフのみなさんにご挨拶し、この授業の概要を簡単にお話させていただきました。朝礼が終わると、出荷方法や陳列方法を知るために、店内と店外とバックヤードを行き来しながら担当の方の説明を受け、生産者さんの出荷作業を観察しました。演習当日は、土曜日ということもあってか、オープン前から店外に行列ができるほどで、10時のオープン時から11時頃までの来客数は大変多かったです。その後、会議室に戻り、担当者の方より、味土里館の設立経緯や業務内容に関する説明があり、これまでの取り組みやその課題を共有しました。

午後からも、引き続き店内の様子を観察させていただきました。オープン直後よりも、店内は落ち着いた雰囲気であったため、時間帯ごとの客層を意識したイベントの企画案が学生の間で話題にあがっていました。観察の後は、このプロジェクトでの提案に向けて、気づいた点や疑問点を共有したうえで、各々が考えた現時点での提案を思いつくごとにあげていきました。

一日、味土里館さんで演習させていただきましたが、日頃から味土里館で働いているスタッフのみなさんとやりとりした意見は、現場に即したものであり、演習期間が限られている学生だけでは気づけないものもあるため、大変参考になります。昼食時の会話など、様々な場でのコミュニケーションも大切にしたいものです。

次回の演習は9月3日です。よい提案ができるよう、いろんな方々と意見交換しながら取り組んでいこうと思います。
木原

「実践農学2016」のレポート