ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門第2回

実践農学入門第2回2011-06-01

2011年5月28日

数日前に梅雨入りし、台風が接近する中、初めての実習が行われました。
かなりの悪天候を予想していましたが、ときどき小雨が降る程度のベストな天候(紫外線の心配なし!)で田植えアートを行うことができました。

田んぼにははだしで入る人が多かったようです。
私自身もはだしで入りましたが、ひんやり、ぬるぬるの感触に一瞬ではまってしまいました。
田んぼでこけて全身泥だらけ・・・という人が必ず出る!ということでしたが、今年は全員無事だったようです。(時々投げ込まれた稲によって、泥しぶきの被害に遭った人は多くいたと思いますが・・・)

おたまじゃくし、あめんぼ、やもり、かえるなど、いろんな生き物を見ることができ、それらに夢中になって気がつくと隣の人と急接近している、ということが多々ありました。


完成した田植えアート・・・機械でまっすぐ植えられた田んぼと比べるとへこみます。ちゃんとアートになるのか楽しみ半分、不安半分です。



足湯してなごんでいるところです。


「実践農学入門 2011」のレポート