ホーム > 兵庫県農業環境論A/B >  > 第7回

第7回2016-11-18

 本日は、兵庫県農政環境部農政企画局農業経営課の萬谷さんにお越しいただき、「農業の担い手育成と農地の集積・集約化の推進」をテーマにお話いただきました。兵庫県における担い手確保・育成の話においては、集落営農という農業経営のあり方を、そして農地の集積・集約化の話においては、耕作放棄地の現状やそれを取り巻く法制度の話を中心にしていただきました。
 今日の農業において大きな課題とされている、担い手の不在や耕作放棄といった状況が、本日の授業の主なテーマであったため、学生の関心も高かったように思います。法制度や施策の話は少し複雑だったかもしれませんが、これからの農業の抱える課題について、ひいては日本社会の課題を考えるうえで避けては通ることができない話だったように思います。
木原

「兵庫県農業環境論2016」のレポート