ホーム > 実践農学 >  > 【第1回】6/10(土)-6/11(日) 実習を行いました!

【第1回】6/10(土)-6/11(日) 実習を行いました!2017-06-10

 6月10日(土)から6月11日(日)にかけて、地域の魅力発見マップづくり@大芋地区の第1回目の実習を行いました。

 このプロジェクトでは、地域の多様な魅力に出会える自転車のツアーを想定したマップづくりを行います。①大芋地域の自然や歴史、暮らしに関する情報やエピソードを収集・整理し、②地域住民と意見交換しながら、大芋の魅力が詰まったマップを作成する予定です。

 1日目の朝、大芋小学校に集合した後、まずは大芋活性化委員会の方から、この実習の目的・目標とともに、地域の説明をしていただきました。その後、地域の方々に貸していただいた自転車を使い、今回、とくに藤坂地区のフィールドワークを中心に行いました。昼は、地域の方とともに、実践農学入門で受け入れていただいた農家さん宅、藤坂の大カツラ、やぎのいるお宅、いろいろな場所に足を運び、観察や聞き取り調査を行いました。夜も、地域内外の方々とともに、蛍の観察会に参加し、地域の話を聞かせていただきました。夜は、地域の方々との交流会として、大芋で活動しているサークルとともに、小学校でバーベキューを行いました。

 2日目は、地域の方々から紹介していただいた大芋地域の暮らしの履歴が感じられる場所を自転車でめぐりました。この日は、藤坂地区だけではなく、他の地区でもフィールドワークを行いました。福井地区では、川へとつながる通用口があるお宅がいくつかあり、生活と川が密接だったことを確認しました。

 この2日間をとおして、徒歩や自転車で地域をめぐると、車で移動するときとは違った視点で地域を見ることができることを改めて実感しました。書き溜めた情報は貴重な情報ですので、しっかり整理して地域の方々にお渡ししたいと思います。

 次回は、8月19日から20日にかけて実習を実施予定です。次回もよりよい実習となるよう、校内学習を6月下旬に行い、今後の実習について話し合う予定です。

 今回、食事の準備をはじめ、実習の運営のために、さまざまな形でご協力いただいた地域のみなさま、心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。
木原

「地域の魅力発見マップづくり@大芋地区」のレポート