ホーム > 実践農学 >  > 【第2回】 8/17(木)-8/18(金)実習を実施しました!

【第2回】 8/17(木)-8/18(金)実習を実施しました!2017-08-18

このプロジェクトでは、JA丹波ささやま直営店「特産館ささやま」において、篠山市の特産品普及を目指したメニュー開発のための調査に取り組んでいます。ただ、実践農学入門やサークル活動の一環で篠山市を訪れたことがあるものの、部分的にしか篠山市を知らないという学生のために、初日17日の午前は、どのような人びとがどのような目的で篠山を訪れているのか、実際に目で見て確かめようと、観光スポットをいくつかめぐりました。
午後からは、JA丹波ささやま本店と特産館ささやまで、前回の実習で得られた情報をもとに、大学で整理した内容を職員の方々と意見交換し、どのようなことが実施できそうか検討しました。
夕方からは、特産館ささやまで交流会を開いていただきました。JA丹波ささやまの支店の方々にもご参加いただき、日々どのようにお仕事に取り組まれているのか、また篠山市がどのような特徴を持つ地域なのか、という話等をうかがいしました。このプロジェクトは屋内での作業が中心なので、こうして地域の話をうかがう機会をつくっていただき貴重な時間となりました。
18日の午前は、1日目の実習のふりかえりと整理を行うとともに、利用者へのアンケート調査に関して意見交換をしました。また、午後からは、JA丹波ささやまの職員の方と篠山市役所農都創造部を訪問し、職員の方から、篠山市の観光の現状について、資料に基づきながらご説明いただきました。こうしたことを通じて、篠山市において、どのような主体が、どこで、どのような形の観光事業を実施しているのか理解しました。

この実習前日は、篠山市で「デカンショ祭」というイベントが行われていました。この行事に向けて、JA丹波ささやまの方々は、前日まで忙しくされていたと思うのですが、疲れを見せることなく、ご対応いただきました。ありがとうございます。

次回の実習は、9月15日(金)です。このときは、検討課題も沢山あるので、それまでに準備できることは大学で議論しながら進めていく予定です。
木原

「特産品メニュー開発に向けた調査@JA丹波ささやま」のレポート