ホーム > 実践農学 >  > 【第2回】 8/19(土)-8/20(日)実習を実施しました!

【第2回】 8/19(土)-8/20(日)実習を実施しました!2017-08-20

実習前日、篠山は雷雨がすごく、天候を少し心配していましたが、帰る時まで雨にあうことはなく、当初の予定どおり実習を遂行できました。

初日19日の午前、今回のプロジェクトで、重点的に地図づくりに取り組む藤坂の公民館で、「おはなし会」と題した会を開き、地域の方々から自然や仕事や遊び等の聞き取りを行いました。この日のために学生らはチラシを作成し、事前に地域の方々に配布していただいたものの、どの位の人数の方に参加していただけるか正直少し心配でした。蓋をあけると、20名近くの方々にお集まりいただき、地域の面白い話を沢山うかがうことができました(どれも興味深かったのですが、山車に乗せていたというエリマキトカゲの模型?が本格的で驚きました!)。地域の方々も、各々の話から、昔のことを思い出されていたようで、話が盛り上がりました。今回の地図づくりは、名所だけではなく、藤坂の暮らしが垣間みえる情報も入れ込む予定なので、聞かせていただいた貴重なお話を、これからうまくまとめていければと考えています。
その日の午後は、これまで足を運べていなかった場所を訪れたり、お話をうかがうために地域内をまわったりしました。夕方からは、大芋地区の地域行事を知るために、三熊の地蔵盆に参加させていただきました。2016年の実践農学入門では、三熊で3世帯の農家さんに実習を受け入れていただいていたのですが、実践農学入門を履修していた学生らはひさしぶりの再会を懐かしんでいたようです。ちなみに地蔵盆の余興で、履修者のひとりが能を披露して好評価をいただきました!その日の夜は、泊めていただいた大芋のご家庭のお子さんより、大桂をはじめとした藤坂らしい場所についてお話していただきました。

20日は、「おはなし会」で話題にのぼった場所(相撲場、川遊び場等)をいくつか回りました。私たちが歩いていると、近所に住んでおられる方が、場所に関する詳細を紹介しながら案内してくださいました。また、都市部から移住してきた方々からは、藤坂の景色や自然の魅力、ここでの暮らしの日々のエピソードをお話いただき、昨日の「おはなし会」とは違った視点から、この地域について学びました。また、住民のみなさんからうかがった、藤坂がよく見えるビューポイントの写真撮影も行いました。

大芋活性化委員会の方々や地域おこし協力隊の方等にご協力いただきながら、2日間の実習を無事に終えることができました。ご協力いただいた地域のみなさまに感謝しております。

次の実習は11月4日から5日にかけてで、最後の実習となります。大学でふりかえりをしっかり行い、次回も充実した実習にしたいと思います。
木原

「地域の魅力発見マップづくり@大芋地区」のレポート