ホーム > 実践農学 >  > 【第1回】6/23(土)-6/24(日) 協力隊に初入隊!

【第1回】6/23(土)-6/24(日) 協力隊に初入隊!2018-06-23

 6月23日(土)から6月24日(日)、篠山市地域おこし協力隊の準隊員として、2名が入隊しました!

 このプロジェクトの目的は、篠山市地域おこし協力隊の活動内容を学び、実際に活動してみることです。
 1日目はまず、篠山市地域おこし協力隊のコーディネータや地域おこし協力隊のみなさんから、挨拶を兼ねた制度の紹介、自己紹介をしていただき、全体の活動内容を理解しました。その後、民泊に取り組む協力隊の活動に特化して、民泊のオプションメニューを開発することを目標に、実際に買い出しに行ったり、別の協力隊が活動している「里山工房くもべ」を見学させてもらったり、子供に大人気「チルドレンズミュージアム」で遊び体験をしながら、協力隊の活動拠点・村雲地域にある協力隊のお宅「うめたん」で民泊さながらの体験をしました。夕飯の準備をしながら、地域特産品を使ったメニューだったり、どんな食材を提供したら喜ばれるか、などを話し合いました。夜は地域の方との交流もさせて頂き、地域の中に溶け込む楽しさを学びました。

 2日目は、1日目でお伺いしたお話や、実際に散策して体験したことの振り返りをした上で、協力隊の活動の一環として、地域を紹介する動画制作のお手伝いをさせていただきました。キャンプスポットでもある山の中を散策したり、地域の方にインタビューをしたりしながら、動画素材の集め方や動画の撮影の仕方などを学びました。お昼は、地域の方の憩いの場であり、地元野菜にこだわったランチを提供する「喫茶グレース」で。簡単に1日目・2日目の活動を振り返りながら、ランチメニューやお話などもオプションメニューのヒントに盛り込んでいきました。その後再び、地域の方にお話をお伺いしたり、簡単な農作業を体験させてもらったりした後、「うめたん」で本格的にオプションメニューの洗い出しを行いました。濃密な2日間だったため、なかなか「これっ!」というメニューの決定にまで至りませんでしたが、校内実習もしながら、実際にお客さんに体験してもらうメニューとしての開発を楽しんでいく予定です。

 ご協力いただいた協力隊員のみなさま、また体験のための事前準備をしてもらった協力隊の梅谷さん、ありがとうございました!次回もどうぞよろしくお願いいたします。
木原奈穂子

「準・協力隊員活動@篠山市地域おこし協力隊」のレポート