ホーム > 実践農学入門 >  > 【第5回】実習の振り返りと気づきをまとめました

【第5回】実習の振り返りと気づきをまとめました2018-07-20

夏休みを目前の7月20日(金)、これまで実習で学んだことや気づいたことをまとめるため、校内学習を行いました。

校内学習で行ったのは、実習の班ごとに分かれてのワークショップ。
先生からワークショップの仕方の説明を受けた後、これまでの実習を思い出しながら、
知ったことや驚いたこと、問題だと思うことなど班員で挙げていき、それぞれを関連付けながら、1枚の模造紙にまとめました。
実際の農作業がとても大変なことや、黒豆や他の野菜の特性の他、農家さんはたくさんの機械を持っていること、畑にはたくさんの生き物がいることなど、実習を通してたくさんの気づきを得たようでした。

その後もう一つ,農家さんや農村でイノベーションできそうなことをテーマにワークショップを行いました。
このテーマが、2019年1月26日に実施する地域連携フォーラムでの発表内容となります。
学生からの目線で、どのようなイノベーションの案が出てきて,どのようにまとめられていくのか…フォーラムが楽しみです。

残り2回の実習とボランティアを通じて、たくさんのことを学ばせてもらい、実のあるイノベーションを起こしてもらいたいと思います。
木原奈穂子

「実践農学入門2018」のレポート