ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門 第3回 7班

実践農学入門 第3回 7班2012-06-29

こんにちは!実践農学入門第7班の鈴木太郎(理学部・2年)です。
私たちは、「黒豆マイスター」の山本博一さんのところにお世話になりました。

まず、到着して始めに出迎えてくれたのは...



生後1ヶ月半のさくらちゃん!!!

...かわいいですよね。

でもこれが今回の実習の目的ではありません。
今回の目的は「黒豆の定植」です。
黒豆マイスターのもと、何が行われるかドキドキ。

まず連れて行かれたのが...



発芽しかけの黒豆の苗床でした。
「セルトレイ」という皿に、一つずつ入れられています。

一息つく暇もなく、畑に連れて行かれました。



↑軽トラに乗ってはしゃぐ1回生たち

畑で私たちを待ち構えていたのは...



なかよしくん!!

なかよしくんとは、黒豆の苗を植えるための機械ですが、結構仕事をしてくれるんです。



真剣に使い方を教わっています。
すぐにやり方を覚え...



結構サマになっています。

作業になれるとなかなか面白いです。
最後の方はかなり手際よく植えることができました!

休憩時間には...





4時間近くの活動を、思い切り満喫できました!

以下、この実習で見つけた、いきものです。


↑ヒバリの巣。ひとつ卵を踏んづけてしまったのが残念でした...


↑トノサマガエル。手づかみで捕まえました!

農場では、農家の方とともに、篠山東雲高校の生徒さんにいろいろと教えてもらいました。
生徒さんは高校で、黒豆の「黒根ぐされ病」について研究しているそうで、私たちの知らないことをたくさん教えてくれました。しっかりしていて、私たち学生の幼さが...

梅雨中ではありましたが、すっきり晴れて、気持ちの良い一日でした。
次回の活動も楽しみです。

最後に...


「なかよしくん」のお陰ですっかり「なかよし」になった7班がお届けしました!!!

「実践農学入門 2012」のレポート