ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門第2回

実践農学入門第2回2011-06-03

先月28日に雨の中篠山にお邪魔して、田んぼアートに挑戦してきました!



六甲は曇りで、篠山はどうだろうか?と不安の中いったのですが、篠山も曇りで一安心です!

早速着替えてみんなでいざ田んぼへ?



農家さんに苗の植え方を教えてもらって



いざ実践!




水が冷たくて、きもちいい?
田んぼの中にはオタマジャクシや、サンショウウオの仲間がたくさんいました。


今回植えたのは二種類のもち米で一種は私たちのよく知るもち米で、もう一種は秋になると赤→黒に変わるもち米です。
これで田んぼに絵を描いていきます♪

二つの苗の種類が見た目では分からず四苦八苦で植えていきます・・・



不安そうに見守る農家さん・・・・(笑)




上手く出来たかは、収穫の時期になってみないとわからないので、ドキドキしながら待ちます・・・


その後は農家さんの作ってくれた、イノシシ肉の入ったみそ汁や、タケノコご飯に舌鼓♪
おもわずイノシシのお味噌汁をおかわりしてしまいました・・


そのあとは一年間お世話になる農家さんと顔合わせ!



一年間ですべて農家さんから学べるわけではないですが、ひとつでも多く吸収して
篠山から六甲にいろいろ持って帰れればいいなあと思っています。

よろしくおねがいします!

「実践農学入門 2011」のレポート