ホーム > 実践農学 >  > 【第5回】地域連携フォーラムで成果発表!

【第5回】地域連携フォーラムで成果発表!2019-01-26

1月26日(土)、ハートピアセンターにて開催された「第13回篠山市・神戸大学地域連携フォーラム」で、これまで準協力隊員としての活動の成果を発表しました!

フォーラムは、実践農学入門を受講した学生や、受け入れて頂いた村雲地区のみなさまの他、実践農学でお世話になった地域の方々や、大学関係の人で超満員!
また、準協力隊活動でお世話になった篠山市地域おこし協力隊隊員の梅谷さんも、司会の席から見守ってくれていました。

実習では、梅谷さんが取り組む民泊にどのようなオプションメニューをつけると、もっとお客さんが来てくれるか、というメニューを開発しました。
メニュー開発に際して、実際に民泊を経験してみたり、地域の方にお話をお伺いしたり、アンケートを取ってみたり…
そこから一つのオプションメニューを決めて、どのように実施すると良いかを検討したりと、全4回の実習に対して盛りだくさんな内容でしたが、
「空き家を活用したら良い…けど、空き家って本当に空いてて自由に使えるのか?」
であったり、
「民泊に興味のある人が、現地で手軽にやってみたいことって何だろう?」
であったり、一つ一つの疑問を丁寧に明らかにしていくことで、協力隊の大変さや、協力隊の楽しみを見出し、発表にまとめていました。

ポスター発表総評でいただいたコメントにもありましたが、篠山市地域おこし協力隊は、学生もチャレンジできる制度になっています。
今回の活動を通して学んだことを活かし、「自分が協力隊なら…」を突き詰めていってもらいたいと思います。

お世話になった地域のみなさま、また,梅谷さんはじめ篠山市地域おこし協力隊のみなさま、本当にありがとうございました!
木原

「準・協力隊員活動@篠山市地域おこし協力隊」のレポート