ホーム > 実践農学入門 >  > 【第1回】事前学習・ガイダンス

【第1回】事前学習・ガイダンス2019-04-19

4月19日(金)2019年度の実践農学入門のガイダンスを行いました。
授業の第1回目のガイダンスは神戸大学内での事前学習です。
農業の現状や実習先の篠山市のこと、これからお世話になる地域のことや、
この実習を通して学ぶための基礎知識となるフィールドワークの仕方、農業機械の便利さと危険性、
そして実習に臨むにあたって、どのような農具を使い、どのような準備をすれば良いのかについて、担当の先生方からお話がありました。
当日の授業内容は次の通りです。

-----
担当教員紹介
受入地域の紹介(木原)
農業機械について(庄司先生)
概論&フィールドワークについて(宇野先生)
農具・土壌について(鈴木先生)
今後の授業の注意事項
-----

今年度は、兵庫県篠山市城北地区の農家さん17名に、
47名の神戸大学の学生と、12名の地元高校・篠山東雲高校の生徒さんの計59名を受け入れていただくこととなりました。
農業の現場を体感し、新たな出会いが今後の活動にどのようにつながっていくのか…今年度の実習も楽しみです。
木原奈穂子

「実践農学入門2019」のレポート