ホーム > 実践農学入門 >  > 【第3回(実習第2回)】黒豆の播種・定植を行いました

【第3回(実習第2回)】黒豆の播種・定植を行いました2019-06-15

大雨が心配された6月15日(土)の実習テーマは「播種・定植」。
実習中はなんとか、曇り時々小雨程度にとどまり、作業することができました。

受入農家さんの圃場で作業させていただく初めての実習だったため、それぞれの地域の自治会長さんや営農組合長さんにもお世話になり、
「頑張ってね」「分からないことがあったら聞いてね」といった応援をいただいた地域もあったようです。

班ごとに作業内容もさまざま。
午前中は直播の仕方や移植ごてを使った定植の仕方、「なかよしくん」を使った定植の便利さや機械を使った定植の速さなどを学ばせていただきました。
少し雨がパラつきはじめたお昼前後は、まだぎこちなさが残る班員どうしの交流を図ろうと、公民館でワークショップをしてくださった班もありました。
お天気が持ち直した午後からは、次の定植のためにセルトレーに播種する作業をさせていただいていました。

それぞれの作業で、「農業ってこんなに大変なのか…」といった声や「疲れた後の休憩中の会話が楽しい!」といった感想などが聞こえ、
黒豆作業初体験をとても楽しませていただいた学生ばかりでした。

この日のために事前に入念な準備をしていただいた受入農家のみなさま、地域のみなさま、ありがとうございました!
木原奈穂子

「実践農学入門2019」のレポート