ホーム > 実践農学入門 >  > 【第6回(実習第4回)】黒豆の枝豆を収穫しました

【第6回(実習第4回)】黒豆の枝豆を収穫しました2019-10-19

お天気が心配された10月19日(土)に、黒豆の枝豆の収穫を体験しました。
丹波篠山では黒枝豆が解禁され、観光に来られている方もたくさんいらっしゃり、いつも以上に活気があふれる週末でした。

いつも通り、受入農家さんに迎えにきていただき、実習開始。
まずは黒豆の木を圃場から伐り出します。
軽トラックいっぱいに積まれた黒豆の木から、葉を落とし、ちょうど良い大きさの枝に揃えたり、さやのみを取ったりして、出荷する形状にしていきました。
黙々と作業をしている途中で、「青虫…!!」と言う学生の声が聞こえてきます。
他にも、地域で愛されるお酒を仕込まれている酒造会社さんに、新酒の仕込みを見学させていただいた班もありました。

一日中、黙々と作業をする大変さであったり、農産物を出荷し販売する大変さを実感し、帰りのバスも「疲れた…」という学生が少なからず見られました。
自然の豊かさを感じ、「食」の奥深さを実感した実習になったようです。

農繁期のお忙しい中、受け入れてくださっている農家のみなさま、櫻酒造さま、ありがとうございました!
次回の実習は、丹波篠山での最後の実習です。
丹波篠山産の黒豆と同じく、大きな実となるよう、学びを深めてもらいたいと思います。
木原奈穂子

「実践農学入門2019」のレポート