ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門 第4回 9班

実践農学入門 第4回 9班2013-07-19

実践農学入門第4回、9班は中西さんにお世話になっています。
前回植えた黒豆がこんなに大きくなっていました。



今回は2種類の肥料を撒き、その後土寄せをしました。

肥料はまずこちらの亜りん酸粒状1号を”さらっと”を使って苗の根元に撒きました。





同時進行で丹波黒大豆スペシャルを手で苗と苗の間に撒きました。苗の間に撒くことで、黒豆が肥料の養分を求めてより広く根を張るようになります。





次に土寄せの作業に移ります。
その前に、作業しやすいように、中西さんがトラクターを使って固くなっている土をほぐしてくださいました。



土寄せの作業ではすきを使って、畝の左右から苗の下部の茎が埋まるように土を寄せていきます。
この作業が一番力がいる作業だったので大変でした。



土を盛った後にかまぼこ型になるのがポイントです。
この作業をすることによって、埋まった部分の茎から新しく根が生えてきて、黒豆がしっかりと根付くようになります。

すべての作業を終えて、畑はこんな感じになりました!



今回はかんかん照りの中の作業でした。
これを毎日行っている農家さんってすごい!!

暑かったので、中西さん夫妻がくださった飲み物、アイス、枝豆がより一層おいしく感じられました。中西さん夫妻ありがとうございました。

次の実習は10月です。
黒豆がどれだけ成長しているのかが楽しみです!

「実践農学入門 2013」のレポート