ホーム > 実践農学入門 >  > 実践農学入門 第4回 11班

実践農学入門 第4回 11班2013-07-22

こんにちは!こちら11班でございます!

第4回実践農学入門、第3回現地実習では小寄せをやりました!

前回同様、受け入れ農家の岸本さんにお世話になりました!


午前は小寄せをひたすらやったのですが、この岸本さんが持っている道具は、’三角ホー’という道具でございます!
ズームしてみましょう!ドン!



他にも何点か道具があったので、紹介していきます!


お次はシャークホー。名前の通りサメを彷彿とさせるこのフォルム!
シャークホー、三角ホーどちらも使ってみたのですが、こころなしかシャークホーの方が、土にサクッと刺さる感じで、使いやすかったです。

他にも………




窓ホー!
窓がついています。非常にシンプルでわかりやすい名前ですね。





金象印!
これは名前らしからぬ名前なのですが、本体に名前らしきものが書いていなかったので、金象印と僕は呼んでいました。

作業風景はこんな感じ。






けっこう重労働でした…




しばしの休憩。
前回もそうでしたが、農家さんがスポーツドリンク、お茶を用意してくださいました!ありがとうございました!本当に助かります!

ペットボトル3本も消費した人もいたような……(笑)

作業再開!




よし!おわったー


何とか目標の敷地面積の小寄せをお昼までに終わらせる事ができました。




お昼だお昼だー

昼食後、次の仕事は何かな?と思っていたらなんと
午後も小寄せ!

何ともハードです。これが農業なんですね!




班員の何人かは嫌になって川に逃げていきました。




というのはさすがに冗談で、岸本さんが道具を運んでくるまで水遊びをしていました。

川があったら入りたくなるものですね。

午後はみんなも午前で慣れたのか午前よりもテキパキと短い時間で小寄せ完了しました!



本当にかなり大変でした。
しかし岸本さん曰く普段は機械でやっているとのこと。
僕らに体験させるために岸本さんも一緒に手作業で一緒にやっていただいたのですね

ほんとうに貴重な経験をありがとうございました!


「実践農学入門 2013」のレポート