ホーム > 実践農学 >  > H24年度実践農学 【森づくりチーム活動報告?】 

H24年度実践農学 【森づくりチーム活動報告?】 2012-05-18

2012年5月18日(金)

第1回目の校内学習は、里山整備に関する黒田先生の講義です。

里山の特徴
1.里山林は伐らないで放置すると不安的
2.次世代の樹種が育たない
3.放っておけば自然に再生するというのは間違い

里山整備はガーデニングとは違う!(単に掃除をしているだけのこともある)

楽しむだけでなく、10年・20年と里山と付き合っていくにはどうしたらよいか?

<講義をとおして、今後やってみたいこと>
・イノシシやシカを燻製加工してみたい
・紅葉する樹の種類と仕組み興味がある
・体を動かして作業したい、針葉樹の間伐をしてみたい
・樹を伐ってみること、ナラ枯れを引き起こす虫をみてみたい
・ナラ枯れの病斑部を持ってかえりたい
・実家に里山があるので、そこで生かせるような技術をもってかえりたい
・ナラ枯れ防除作業をしてみたい
・伐採後の樹の使い方(薪加工など)に興味がある
・臨床植物や植物種について知りたい

<次回以降のスケジュール>
第2回 7月15?16日
第3回 8月中旬?9月下旬
 8月25・26日×
 9月8・9日(第2候補)
 9月15?17日×
 9月22・23日(第1候補)
9月29・30日×
第4回 11月下旬

<注意事項>
・トレッキングシューズが必要ですね!
・7月/9月の作業は水分補給をしっかりしましょう

「実践農学2012」のレポート