ホーム > 実践農学 >  > H24年度実践農学【森づくりチーム活動報告】

H24年度実践農学【森づくりチーム活動報告】2012-08-01

2012年7月28・29日に、実践農学の森づくりチームが篠山の大沢地区で宿泊演習を行いました。
参加者は、教員3名+女性6名+男性4名+TA2でした。

今回の実施内容は、以下のとおりです。
?里山と人工林をみる ?樹齢20年のクヌギ植栽林の資源量の推定 ?放置二次林の植生調査

スケージュル
【28日】
10時  篠山市内着、今回の調査地「大沢ロマンの森」へ向かう
11時? クヌギ林にて毎木調査&調査地の面積測定
12時半 クヌギ林内でお昼ご飯
13時? 兵庫県立丹波並木道中央公園移動し、見学・学習
    (茅葺民家を見学&絶品かき氷、森林活動センター)
    庄司先生・TAは味土館で食材調達
17時? 龍蔵寺へ移動
    晩ごはんづくり(篠山尽くしの夏カレー&野草の天ぷら)
20時? 和尚さんから本堂についてご説明いただく
21時半?天ぷら続き、スイカ、朝・昼ごはん準備など

【29日】
6時半  朝ごはん、掃除
8時? 「大沢ロマンの森」へ移動、放置二次林の毎木調査
11時? 山頂へトレッキング、人工林見学、動物昆など学習・・・
12時半 神戸大学篠山フィールドステーションへ移動、お昼ごはん
13時半 毎木調査のデータ打ち込み・資源量の計算
15時  篠山出発



クヌギ林の毎木調査の様子



樹液に誘われて虫が集まっていました。



森林活動センターにて



放置二次林の植生調査


山頂付近のマツ枯れの様子



サルの大好物のノコギリカミキリ



篠山フィールドステーションにてデータまとめ風景

まとめたデータから、各自で森林資源の利用方法について考察していきましょう。
次回の宿泊演習もお楽しみに!

東 若菜

「実践農学2012」のレポート