ホーム > 実践農学 >  > H24年度実践農学【森づくりチーム活動報告?】

H24年度実践農学【森づくりチーム活動報告?】2012-12-10

2012年12月1日(土)2日(日)に、篠山市の日置地区で演習を行いました。
今回の参加者は、学生8名、教員3名、TA1名です。

演習内容は、
?野生獣類の食資源としての利用を考える(イノシシ解体見学)
?二次林の伐採・整備を手伝うとともに植生を把握する
の2項目でした。

スケジュール
【1日】
10時  篠山市内着、フィールドステーションへ移動
10時半 これまでの調査の結果の全体を把握し、フリーディスカッション
12時? 『丹波篠山猪肉専門店 おおみや』へ移動    
    イノシシの解体視察(食肉としての加工について見学する)   
17時? 竜蔵寺へ移動
    晩ごはんづくり(ぼたん鍋)

【2日】
6時   朝ごはん、掃除
9時?  篠山市日置地区の「剛山」へ移動
    竹の伐採・搬出作業と剛山の植生調査
12時  日置地区の方々と昼食(鹿肉のバーベキュー)
14時  篠山出発



フィールドステーションでの勉強会、この後フリーディスカッション



『おおみや』さんでの見学後、野生のイノシシについて現状や問題点等を教えていただきました。




竹の伐採・運搬作業の様子


今回で全ての演習が終了しました。
これからは、大学構内で集まって、ポスター発表に向けてまとめと考察を進めていきます!

「実践農学2012」のレポート