活動報告・レポート

H27年度実践農学入門の校内学習を実施しました。

2015年7月24日(金)17時〜19時。

篠山市で山の芋栽培を学ぶことをテーマにおこなっている実習(実践農学入門)についてふりかえる、校内学習をおこないました。今年も、篠山東雲高等学校から4名の学生さんが、参加してくれました。

まずは、これまでの実習ででた疑問について考える時間。

「土が粘土質なのは、この地域特有なのか」や、「山の芋の成長がどのようにして決まるのか」といった質問が出て、専門の先生に回答をしていただきました。他の地域の土を触ってからでないと、篠山の土が粘土質かどうかほんとうはわかんないよね!という助言が先生からでたりもしました。

こうした質疑回答を経て、次は、ワークショップの手法について学びました。今回は、ワールドカフェという方法を用いて、「山の芋農家を増やすにはどうしたらよいか」というテーマで、意見を出し合いました。ちなみに、このテーマは、学生が実習していくなかから疑問としてあがっていたものを採用しました。

3ラウンドに分けて、様々な島で意見を聞いたり言ったりしながら、最終的に各島から3つのアイデアを出してもらいました。その提案は以下のとおりです。
「山の芋農家を増やすためには」
・ヤマノイモ記念日をつくる
・補助金(1農家あたり750万円)を出す
・他の作物や野菜(主にしょうがなど)と一緒に栽培する/その手法を農家にPRする
※圃場あたりの収入(収穫量)を増やす。他の作物を栽培している人にもついでに山の芋を栽培してもらう。
・職探し中の人をヘッドハンティングする
・山の芋のオリジナリティーをアピールする(栄養・健康面など)
・給食として子供たちに山の芋のおいしさを知ってもらう(山の芋ウィーク)
・おせち・お歳暮に取り入れる
・大学と連携する
(効率化するための機械や品種の開発、実習のような交流機会の創出など)
・いい夫婦の日(11/22)に山の芋を食べようキャンペーンをおこなう
※丸くて夫婦円満、ねっとりと仲良く^^;
・後継者を外部から募集する
・定年後の人をターゲットにして新規就農者を募集する
・メディアを利用して山の芋の知名度をアップする
といった意見がでました。

発表をみていた先生から、各島に回ることで、「しょうがとの併用栽培」の提案が「野菜との併用栽培」となって、「他の野菜農家に参画してもらう」といった意見に変化していったのではないかというコメントをいただきました。こうした結果がワールドカフェの方法を用いるおもしろさなんだと思います。

まだ実現性の低いものも多いですが、最終的に、どれか、農家さんに採用してもらえる(あるいは一緒に研究していけそうな)テーマがみつかるといいなと思います。

(清野未恵子)

 投稿日:2015-07-24カテゴリー:活動報告

第3回実践農学入門(現地実習)を実施しました。

2015年6月20日(土)くもり時々晴れ

前日の天気予報では、雨となっていた梅雨の土曜日。学生たちの願いが通じたのか、天候はくもり、農作業をするには快適な1日となりました。

▪︎つるをみると直したくなる衝動
 岡野地区で受けいれていただいている今年は、山の芋の栽培を学んでいます。前回は、植えられたばかりの圃場でしたが、今回は、ぴよーっと、つるが伸びていました!それらのつるで、2本が絡まり合っているものをほどき、伸びやすいように方向を修正してあげるのが「つる直し」という作業です。
 半腰状態で、つるを直し続ける作業は、ほんとうに腰に負担がきます。かつ、数日畑にいかなかっただけで、つるが水に浸るなどして枯れてしまっていたりと、こまめに様子を見に行ってあげないとならないなんて、山の芋はとっても寂しがりやな作物なのですね。
 そうした作業を1日続けていましたが、その結果、家の近所でみる植物などでつるをみかけると、つる直しをしたくなる衝動に駆られたわけです。つる直し作業は好き嫌いが分かれるようですが、私はけっこう好きでした。ただ、何本かつるを折ってしまい、つる直し作業に向いているかどうかは、、なんともいえませんね。

▪︎梅パワー炸裂
農家さんと作業をする実習で、密かに楽しみにしているのが「お茶の時間」。おやつを楽しみにしているのではなく、この雑談の時間に、一気に農家さんとの距離が縮まるのです。
今日は、なんと「梅ジュース」をいただく機会を得ました。これ、さわやかでかつ甘くて、とっても美味しい!!お母さんの手作りの味には、ほかのどの市販のジュースも叶いません。これを飲んでまたパワーが出たので、作業をまた続けることができました。

そんなこんなで、1日中つる直しをしたり、班によっては黒大豆の播種を手伝うところもあったようです。農家さんからは、「一度教えたら手慣れたもんや。作業がはかどって、ありがたいね」というお言葉をいただくことができました。次は7月。雑草と戦う山の芋を応援する作業になります。次もよい天気でありますように。

文責:清野未恵子

 投稿日:2015-06-21カテゴリー:活動報告

H27年度実践農学入門:第1回目現地実習の様子

2015年5月23日(土)くもりときどき晴れ

前日までは雨模様だった篠山も,この日はなんとか天気が回復し,実習の日を迎えました.

今年の受入地区は岡野地区.神戸大学農学部の前身である「兵庫農科大学」が所在していた地域でもあります.そんな岡野地区では,篠山の特産物のなかでも「山の芋」の栽培が盛んです.
そこで,今年の実習は,山の芋農家に受け入れていただくことにしました.今年は抽選で選ばれた50名が履修をしています.

例年,初回の実習では,地域を知るために,まち歩きをします.今年は岡野地区のシンボルである「権現山(260m)」にのぼりました.
ほんのり汗をかいて頂上につくと,地域の歴史に詳しい地元の方から,岡野地区についての説明を聞くことができました.砲台があったとか,のろしをみるための丘だったとか,この地が過去の戦における要所だったことがわかりました.

お昼は,地元のお母さん方がつくってくださったカレーをいただきました.
なんとおいしいことでしょう!すっかり売り切れとなってしまいました.

午後からは,さっそく各集落にわかれ,すでに植えつけられている山の芋畑をみたり,わら敷きを体験したりしました.

これから学生とともに山の芋の成長を楽しみに,篠山での実習を進めていきたいと思います.

(清野未恵子)

 投稿日:2015-06-02カテゴリー:活動報告

H27年度実践農学入門がはじまりました

2015年4月28日(火)
今年度実践農学入門を受け入れてくださる,篠山市岡野地区の農家さん・まち郷役員のみなさんと顔合わせをしてきました.神戸大学からは,実習の代表者杦本敏男先生と,副代表である宇野雄一先生,篠山フィールドステーションの高田研究員と,清野(布施)が参加しました.

今年は,これまで黒大豆に焦点をしぼっておこなっていた実習を,山の芋にして,気持ちを新たにして実習をすすめていきます.実習定員50名に対し64名の応募があり,大変人気な授業となっています.

さて今年はどんな実習になるのでしょうか.
こちらで随時報告していきますね^^

 投稿日:2015-05-12カテゴリー:活動報告

第9回篠山市神戸大学地域連携フォーラムを開催しました!

2015年1月24日(土),篠山市城東公民館にて,恒例の篠山市神戸大学地域連携フォーラムを開催しました.

天候にも恵まれ,当日は,一般(54名),学生(72名),高校生(7名),教員(23名)の計156名の参加がありました.

1年生から3年生まで,1年の実習の成果を発表しあう「ポスターセッション」では,農学部だけでなく,経済や発達科学部の参加もあり,17のチームが競い合いました.
ご協賛いただいた,王地山公園ささやま荘,ささらい,(株)岩崎電機製作所などの景品が,ポスターセッションを盛り上げてくださいました.受賞したポスターは全部で6題ありますが,以下のとおりです.

全て,1/26~2/5まで,篠山市役所のロビーに掲示されます.

1位:農業で儲かるには(実践農学)
2位:日置コレクション(実践農学入門)
3位:にしき恋の活動報告
4位:黒豆牛をつくろう(実践農学入門)
5位:森林整備をすすめる方法(実践農学)
篠山市長賞:ユース六篠の活動報告

これからも,篠山市の課題解決に資する研究や実習が続けられるよう,篠山フィールドステーションでは全力で支援していきたいと考えています.どうもありがとうございました.

(布施未恵子)

 投稿日:2015-01-26カテゴリー:活動報告

第9回篠山市神戸大学地域連携フォーラムのお知らせ

【第9回 篠山市・神戸大学 地域連携フォーラム 開催のお知らせ】
神戸大学と篠山市の全学協定が締結されて4年目を迎えました。今後の更なる発展を目指し,1年の活動を振り返り、篠山市を舞台に地域連携活動をおこなってきたもの,それらを支援してきたものなど,関係者同士で意見交換ができるような場とします。
日時:2015年1月24日(土) 13:30~16:30
場所:篠山市役所城東支所(兵庫県篠山市日置385−1)
参加者予定:120名
※懇親会 16:45~18:15 同会場 500円/人
懇親会のみ参加申し込みが必要です。MAILまたはFAXにて【氏名・人数・連絡先】をご記入ください。
TEL・FAX : 079-506-2366
Mail : sasayamafs(a)kobe-face.jp (a)を@に変えて送信してください

<プログラム>
13:30 開会挨拶(農学研究科地域連携センター長・高田理先生)
13:35~13:40 篠山市より一言(酒井隆明篠山市長)
13:40~13:50 人文学研究科の取り組み紹介(10分)
13:50~14:00 保健学科の取り組み紹介(10分)
14:00~14:10 農学部の取り組み概要紹介(10分)
14:10~14:20 ESDの取り組み紹介(10分)
14:20~14:50 特別講義「篠山で学ばせていただいたこと-農へのまなざしをどのように伝えるのか-」(伊藤一幸)
14:50~15:00 休けい(配置換え)
15:00~16:20 ポスターセッション (1時間半)
16:20 総評(農学研究科長・宮野隆先生)
16:30 閉会(神戸大学地域連携推進室長・奥村弘先生)

<懇親会>
16:45~18:10 歓談(立食パーティ)/実践農学入門ポスター贈呈
18:10~18:15 懇親会閉会挨拶

 投稿日:2015-01-16カテゴリー:イベント

留学生センターの学生が篠山市を訪問

2014年11月に,留学生センターから合計70名の学生さんが篠山市を訪問しました.
今回訪問した学生のなかには,学生団体が企画したはた祭りへの参加経験がある学生もいて,すでに篠山市が気に入った,住みたいと思っている留学生もいるようです.

まずは,ちょうど仕込みが始まったばかりの酒造りを見学.今年は,ほろ酔い酒蔵を見学しました.さらに,さる×はた合戦でおなじみの篠山市畑地区を訪問し,竹を使った柿取りを体験しました.

篠山市の獣害の問題や,この柿取りが集落の被害を軽減するのに役立つことを話しました.地元の方にもご協力いただき,サルが冬場に柿をめがけてやってくる場所の柿を取りつくすことができました.

国によって,柿を食べる文化がある国出身の方もいて,柿取りは大変好評でした.市内の街なみを見て歩くのも好きそうですが,日本の田舎の風景をみたりするのも,彼らにとってはよい時間の過ごし方なようです.

来年度も,春・秋に別の留学生が篠山市を訪問する予定です.

(布施未恵子)

 投稿日:2014-12-16カテゴリー:活動報告

H26年度「実践農学入門」が今年もはじまりました!

農業農村フィールド演習の名前でスタートした「実践農学入門」という神戸大学の篠山市をフィールドとした事業が、今年もいよいよ始まりました。

今年度は、日置まちづくり協議会のみなさんにお世話になり、農学部1回生を中心とした37名が、日置地区の農家さんに弟子いりし、黒大豆の生産や、その他農作物の栽培技術や知識を学ばせていただきます。

第1回目の校内学習が4月25日(金)に開催されましたが、そこでは、「実習の目的」や、「農具」「農業機械」、「実習地域の地質環境」に関する講義がオムニバス形式でおこなわれました。

この1年で、36名が素晴らしい体験ができるよう、篠山フィールドステーションは全力で応援してまいります。お世話になる地域のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

(布施未恵子)

 投稿日:2014-04-30カテゴリー:活動報告

新たなメンバーが篠山FSで活動しています

篠山市では、本年度から「篠山市ちいきおこし協力隊」を導入した、地域活性化事業に取り組んでいます。
篠山市は、これまでの神戸大学との連携を活かし、隊員のコーディネートと隊員を、神戸大学生や神戸大に関わりのある学生に委嘱しています。

これから、この隊員たちは、篠山市内の大芋、畑、西紀北、大山の4地区を中心に活動するわけですが、この地域だけでなく、篠山市全域の地域づくりを応援していきます。

隊員らと何か新しいことをしてみたい、こういう考えがあるけどどうか、など、ご意見等ありましたら、いつでも篠山フィールドステーションにお越しください。

なお、これまでスタッフとして勤めてまいりました、布施は、篠山市農都創造政策官として週に2日、篠山市役所のほうへ勤務しております。連携のご相談などはそちらでも伺えますので、遠慮なくお尋ねください^^。

(布施未恵子)

 投稿日:2014-04-18カテゴリー:施設利用

第8回篠山市神戸大学地域連携フォーラムを開催しました!

2014年1月25日(土) 丹波広域農業研修センターにて、「第8回地域連携フォーラム」を実施しました。

当日は、篠山で農学実習やボランティア活動を行っている学生や大学関係者、行政関係者や地域の方を含めて195名の参加がありました。

フォーラムでは、人文学研究科、保健学科、農学部による篠山での取組の紹介や、ESDの取組紹介、農学研究科の鈴木武志助教による特別講演「土壌と肥料-基礎と歴史-」が行われました。その後、篠山市でおこなっている共同研究や農業実習、学生サークルによるボランティア活動などの紹介をポスターで行いました。

ポスターセッションでは以下のような発表が行われ、それぞれの活動内容や成果などが報告されました。
■実践農学入門(各班の取組発表)
■実践農学森づくり班/実践農学畑地区活性化班
■ESD実習報告
■学生団体活動報告
■地域共同研究成果(共生型獣害対策、福住まちづくり計画、ヤマナシ導入の試み)

報告は、会場にポスターを掲示し、実際に活動を行っている先生や学生がその前に立ち、順番に発表していく形式で行われましたが、どのポスター発表の時も沢山の人が集まり非常に盛況な様子でした。
学生同士又は学生と地域の方々との良い交流の機会となったようです。

また、ポスターセッションでは来場者による投票で優秀ポスターを選出しました。
ご来場の方々には投票にご協力いただきありがとうございました。
以下が表彰されたポスターです。

 投稿日:2014-02-04カテゴリー:活動報告
戻る  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ
篠山フィールドステーション
兵庫県篠山市東新町4番地5
TEL & FAX : 079-506-2366
アクセス