活動報告・レポート

【地域交流】農家へ弟子入り!黒豆収穫と選別

12月8日(土)晴れ時々みぞれ交じりの雨のち曇り
実践農学入門第7回実習『農家へ弟子入り!黒豆の収穫と選別』が行われました。

今回の実習には、神戸大学から38名、東雲高校から4名の計42が参加しました。
5月から始まった現地実習も、実際に農作業を行う実習はこの日が最後です。気合をいれて最後の実習に臨みます。
9:30それぞれの受入農家さんに分かれて実習が始まりました。
10月には枝豆として収穫した黒豆ですが、今回黒大豆としての収穫です。

ひたすら黒豆の選別作業を行う班、畑にて必要のなくなった支柱の片づけを行う班、収穫前の下準備としての黒豆の余分な枝取りする班など、各班さまざまな作業を経験できたようです。
出荷用の選別作業では、農家さんの指示のもと真剣に作業が行われていました。どのような豆をはじかないといけないのか頭を悩ませながらの作業「この豆はどうですか?」「あぁこれはあかんやつやな」など時々農家さんへ確認しながらもくもくと作業が続きます。
「せっかくつくったのに、出荷できないのは勿体ない!と思ってしまうけど、値が下がるのも困るし…」とはある学生さんの言葉です。農作物への愛情と市場へ流通させるための規格や商品価値の維持との葛藤。購入する側の立場では気が付けないことに気が付く良いきっかけとなったようです。
また、とある班では学生が選別した豆を明日農協へ出荷するとのこと。責任重大です。
この実習では本当にたくさんの貴重な経験をさせて頂いています。本当にありがとうございました。

今回の実習では、途中みぞれ交じりの雨が降り出すなど不安定なお天気の中でしたが、これも自然相手の農業ならでは。自然を相手に作物を育てるという大変さが実感できた一日でした。

各班が実際にどのような実習を行ったのかは、近日中に食農コープ教育HPに学生達の手によってレポートがアップされますのでお楽しみに。
なお、食農コープ教育HPには過去の実習のレポートも掲載されていますので併せてご覧ください。

(藤原ひとみ)

 投稿日:2012-12-13カテゴリー:活動報告

篠山市で「まちづくり地域歴史遺産活用講座」が開催されました

2012年12月1、2日の2日間にわけて、神戸大学文学部の教員らが講師を務める「まちづくり地域歴史遺産活用講座」がおこなわれ、その様子が神戸大学HPに掲載されています。

これは、市民の方々が地域の歴史文化の担い手として、地域遺産を保全・活用するための基礎的知識や技術を学ぶ機会を提供する「まちづくり地域歴史遺産活用講座」の確立をめざす試行プログラムの1つです。現在、人文学研究科が取り組んでいる「地域歴史遺産保全活用教育研究を基軸とした地域歴史文化育成支援拠点の整備」事業 (文部科学省採択、平成22年~24年度) の一環をなし、兵庫県内の県民局を単位にしてすでに7回開いている(以上、HPより抜粋)そうです。

参加された方や、この講座を篠山市に誘致した篠山市中央図書館のほうから、当日の盛況ぶりを教えていただきました。

なお、古文書や歴史資料を取り扱うスキルアップの機会として、2013年2月23,24日に文学部の教員らが講師を務める新たな講座が企画されているようです。詳細が決まりましたら、それらの情報もここにアップしていきたいと思います。

布施未恵子

 投稿日:2012-12-06カテゴリー:活動報告

【地域交流】実践農学入門の受講生有志が西紀南ふれあいの集いに参加してきました

11月24日 雨のち曇り

西紀南小学校で西紀南『ふれあいの集い』が開催され、いつも実践農学入門の受講生有志が参加しました!

『ふれあいの集い』は西紀南地区の住民交流と防災意識の向上を目的にまち協が企画運営しているイベントで、今年はミニ運動会や餅つき大会などが実施されました。

実践農学入門の受入でお世話になっている地域での交流イベント。
これは受入農家さん以外の地域の方とも交流できるチャンス!ということで、先日の実習で収穫した田んぼアート米(もち米)の販売を企画しました。
餅つき大会のもち米には田んぼアート米が使用されました。

当日参加した学生は17名。
この日のために、アート米の袋詰めや看板作りなどの準備を行ってきた学生達。
看板はかなりの力作が揃いました。特に活動写真の紹介看板は地域の方に好評でした。

アート米は2kg800円での販売で、準備した約90袋の完売を目指します。お米の値段も、製造コストや市場価格を考慮して学生自身で決めています。
残念ながら、あいにくの雨で客足が鈍り完売には至りませんでしたが、用意していた分の約半数を売ることが出来ました。
ご購入下さったみなさまありがとうございます。

今回はアート米の販売だけでなく、ミニ運動会の競技にもたくさん参加しました。
お陰で、地域の方との交流が進んだようです。特に、今回のイベントには子どもたちの参加が多く実習だけではなかなか交流できない地元の子どもたちとも交流出来ました。
また、秋祭りに参加した際にお世話になった地域の方が来て下さったりと、着実に交流は深まっているようです。
ややお天気には恵まれず、寒い中でのイベントでしたが、楽しそうな学生達が印象的でした。

地域の方にも『こうやって学生が来てくれると賑やかで嬉しいわ~』と言っていただけました。
微力でも地域活性化のお手伝いになっていれば嬉しく思います。

今回のイベント参加の様子は、学生が後日レポートをアップしてくれますので、お楽しみに!
アップされましたらこちらのHPでもお知らせします。

尚、余ったお米は、機会があればまた地元のイベントなどで販売したいと考えています。
何か良いイベントがあれば情報をおまちしています!

次回は12月8日、実践農学入門現地実習にて西紀南地区にお世話になります。

(藤原ひとみ)

 投稿日:2012-11-24カテゴリー:活動報告

「獣害対策からはじめる地域づくりを担う人材育成事業」第2回目を実施しました!

2012年11月10日(土)14:00~16:30
@篠山市今谷

今日は、獣害対策で地域づくり研修の第2回目。
「有効な電気柵でサルから作物を守る」というテーマで、おじろ用心棒という最新の電気柵を設置しました。

この研修は8回シリーズで、獣害対策のスペシャリストを篠山市で育成しようというものです。

前回、篠山FSでオリエンテーションをして、それぞれの地域の獣害対策または地域の課題を挙げていただき、この8回の研修の先の目標を参加者で決めました。

それが「次世代に向けた地域づくり/獣害対策」です。

獣害対策をするには、人手が必要。また、獣害と戦いながら農作物を生産する意欲のある地域であってほしい。そこで、次世代を担う農村地域内外に住む若い人たちに、もっとこの現状を知ってもらおう、つないでいこう、という目標ができました。

今回の実習で、寒い風が吹くなか、参加者全員で柵を設置し、電気のびりびりを体験するあいだに、それぞれの地域の獣害対策について自然と意見交換が進んでいました。そこでは、獣害対策専門のチームを作り、雇用を生み出そうという話が盛り上がったり、過去に現場で働いた経験のある方が、鉄線のきれいで丈夫な巻き方を指南していただく場ができていたりするなど、いろいろな経験が発揮される場がここにできている、と思いました。
しかし、いっぽうで、こんな風に毎回楽しくできるわけでも、大人数でできるわけでもない、というように、今回の実施と現実とは少し距離があるようにも感じました。

篠山市でこれから電気柵の設置のための補助がすすみます。
各地域で設置するにあたり、課題が次々に出てくることと思います。今日の研修を受けたみなさんが知識の伝道師として活躍してくださることを心より祈っています。また、先に挙げた現実との乖離を少しでもなくすため、地域で実施・維持していくための知恵を、みんなで考えていかねばならないなと思います。

次回は2012年11月24日(土)14:00~16:30 @篠山市東木之部集落です。
「集落柵点検を継続させる工夫を学ぼう」というタイトルで、現地実習を行う予定です。まだ若干名空きがありますので、参加ご希望の方は当HPのお問い合わせよりお申込みください。

布施未恵子

 投稿日:2012-11-10カテゴリー:活動報告

篠山で活動する団体有志で青垣八宿祭りに参加してきました!

2012年11月3日(木)文化の日。晴れ

篠山で自主的に地域貢献活動を実践する3つの学生団体(篠山ファン倶楽部、ユース六篠、はたもり)の有志が、丹波市青垣町佐治の秋祭である丹波八宿まつりに参加しました。

丹波八宿まつりとは、昭和の雰囲気を感じさせる佐治市街のメインストリートで、あまごや栗などの特産市や宿場町飛脚リレーなどで盛り上がるお祭りです。

今回学生たちは、一つの民家を借りて、篠山の老舗である肉屋から仕入れた黒豆コロッケと、直売所で購入した野菜を使った野菜チップスを販売しました。また3団体の活動をパネル展示もおこないました。

普段は篠山を拠点としているため、青垣は初めての学生が多かったようですが、地元の方に揚げ方のコツなどを教わったり、尺八の店先での演奏をお願いしたり、すっかりお祭りになじんでいました。

3団体合同の活動は、今回が初めて。
それぞれの運営上の悩みの相談や、普段考えている地域貢献についての意見を交わしあう姿が見られました。
「また一緒に活動したい!」との声もあり、連携をとることのできるよい機会となったのではないでしょうか。

岡田文子

 投稿日:2012-11-06カテゴリー:活動報告

丹波地域大学連携フォーラムに参加しました

丹波地域(丹波市・篠山市)では、関西大学、関西学院大学、神戸大学、兵庫県立大学がそれぞれ活動拠点を設置し、地域連携の基に学生のフィールドワーク等を実施し、若者減少や高齢化の進行等で活力が低下しつつある地域の活性化に貢献しています。
 その中で、大学の授業等の取り組みとは別に、自主的に地域と連携して地域貢献活動を実践する学生グループも出てきています。また、その学生たちの地域貢献活動に対し、行政に加えて、民間事業者の方にも自ら支援する動きが芽生えてきています。
この度、丹波地域大学連携フォーラムでは、学生の活力や知恵、経験等を活かした地域への貢献活動を報告し、あわせて民間事業者における支援の取り組み内容を紹介し、参加者全員でグループディスカッションをおこないました。

また、昨年度に引き続き、フォーラム開催にちなんだスウィーツも制作し、参加者で試食しました。
今回のスウィーツは、神戸大学農学研究科食資源教育研究センターで栽培しているみどり(藤稔)を、篠山市内のレストラン「ささらい」のオーナー藤岡敏夫さんに、ババロアにしていただきました。

■学生たちの活動報告
ユース六篠、ささやまファン倶楽部、柏原まちづくりプロジェクト、関西大学の4つの団体がそれぞれ丹波篠山地域内でおこなっている活動を報告しました。

■グループディスカッション
各班10名程度に分かれて、学生らの活動報告をふまえ、これまでの地域活動における課題や、今後の展望などについて議論しました。

それらの詳細については、FacebookのRural Student Networkのページに掲載してありますので、そちらもご覧ください。Face book pageはこちら

今回のフォーラムをとおして、大学間の交流が促進されたほか、受入地域のみなさんとも今後の展望について議論ができ、有意義な場となりました。

これを通じてできたネットワークが、丹波地域の課題解決へとつながればいいなと思います。

学生のネットワーキングの場としてFacebookのRural Student Networkをぜひご活用ください!

(布施未恵子)


 投稿日:2012-11-06カテゴリー:活動報告

【地域交流】農家へ弟子入り!田んぼアート稲刈り&黒枝豆収穫と販売

10月20日土曜日、雲のち晴れ!
実践農学入門第6回実習『田んぼアート稲刈り&黒枝豆収穫販売』が実施されました。

午前中に行われたのは、5月に田植えをした田んぼアートの稲刈りです。
HP上では何度か写真にて報告はしていましたが、完成状態を生でみるのは初めての学生も多く、現地ではまず、物見台に上がっての見学を行いました。
その後記念撮影を行いました。記念撮影には、「せっかくだから良い写真を!」というまち協の計らいで、地元のアマチュアカメラマンの方が来て下さいました。どんな写真が撮れているのか楽しみです。

稲刈りには、神戸大学の実習生45名と東雲高校の生徒5名、そして田んぼアートの図案測量をして下さった篠山産業高校から3名の生徒さんが参加してくれました。

田植えの際には、ほとんど違いの分からなかった苗ですが、成長とともに草丈、穂の色の違いにより絵柄が見え始め、9月の中頃にははっきりと恐竜とにしきの文字が浮かび上がりました。実習の日は見ごろは残念ながら過ぎており、発色はピーク時に比べ悪くなっていたものの、恐竜の姿ははっきり分かり、歓声が上がりました。
一部、本来の図案とは違った種類の稲穂が頭を垂れる区画があったのはご愛敬…。

稲刈りは、各自鎌を持って4つのグループに分かれ、四方より中央に向かって刈り進めました。
最初はなれなかった学生も、コツをつかむとリズミカルに刈り進め、約1反程の田んぼがあっという間に刈り取られました。刈り取った稲は、コンバインにて脱穀します。

途中、バインダーという稲刈機とコンバインでの稲刈りの実演も見学させて貰い、機械による稲刈りの勉強もさせてもらい、稲刈りは終了。
脱穀までは時間的に行えなかった為、地域の方にお願いして学生達は午後の実習へと移動しました。
まち協のみなさまをはじめとして、地域の方には毎回大変お世話になっています。ありがとうございます。

なお、今回収穫したお米は、西紀南地区で行われる『ふれあいの集い』という地域交流イベントにて販売を予定しています。お楽しみに!

さて、午後からは各農家さんへ分かれての弟子入りです。今回のテーマは『黒枝豆収穫と販売』
収穫された枝豆を、出荷できる状態にするための葉落としや結束をひたすら黙々と作業する班もあれば、農園での直接販売をお手伝いする班、お客さんの選んだ枝豆の収穫から、要望に合わせて葉落としやもぎり作業を行う班などそれぞれの農家さんで、様々な体験が出来たようです。

帰りはもちきれないぐらいのお土産を手にきらきらした顔で帰って行った学生達。
各班が実際にどのような実習を行ったのかは、近日中に食農コープ教育HPに学生達の手によってレポートがアップされますのでお楽しみに。
なお、食農コープ教育HPには過去の実習のレポートも掲載されていますので併せてご覧ください。

(藤原ひとみ)

 投稿日:2012-10-23カテゴリー:活動報告

第5回 Rural Learning Networkでは歴史資料の地域づくりへの活かし方をテーマに議論を行いました

2012年9月6日(木)

今回の Rural Learning Network は神戸大学文学部の古文書合宿合宿の様子はこちら!との共同で開催しました。


今回は古文書合宿へ参加している学生たちもセミナーへ参加します。そこで、いつもとは少し趣向を変えて、合宿で編成された学生班に地域からの参加者が加わる形で、班毎にテーブルに分かれ討論する形式で進めました。当日は合宿参加の学生学生39名・教員9名、一般22名、スタッフ6名の合計76名の参加がありました。

今回のテーマは『歴史資料の扱い方・地域づくりへの活かし方』です。坂江渉さん(神戸大学大学院人文学研究科特命准教授)、板垣貴志さん(神戸大学大学院人文学研究科特命助教)のお二人に話題を提供していただきました。

まずは、坂江さんから、歴史資料も含めた地域歴史遺産とは地域社会の人々の結びつきを強める重要なものであるが、近年コミュニティの崩壊等により急速に地域から失われつつあるという現状の説明の後、その一方で、歴史資料の継承保存行いながら地域づくりへと活かしている事例もあるということでその事例紹介をしていただきました。
板垣さんからは、歴史資料とはどのようなものか、身近にたくさん残っているものであり、どのように調査が進められているのか、さらには篠山市で現在採用されている調査手法は、迅速な公開と市民的活用を視野に入れた新しい調査手法進であること等の紹介がありました。
そして、膨大に眠る地域の歴史資料をまちづくりに活かす方法はないのか、その可能性を考えてみたいとの問いかけがありました。

その後、篠山にちなんだお茶とお菓子をいただきつつ、各テーブル毎に坂江さん板垣さんの話題提供について話合いを行って貰いました。各テーブルには模造紙とポストイットを用意。
話しあった内容は、『知識・経験・印象に残ったこと』『もっと知りたい・疑問・考えたこと』と『アイデア・やってみたいこと』の3つのカテゴリーに分け、張り出して貰い、各班毎に集約して、学生班長さんに紹介してもらいました。

また、古文書の新しい記録手法について玉置さん(神戸大学人文学研究科修士課程)による実演紹介が行われました。滅多に見られない機会ということで、参加者の興味をひいていました。

会場から出た主な意見は…
【知識・経験・印象に残ったこと】
・敷居が高いイメージ
・以外と多くの地域で歴史資料を活かした活動がある
・大学に資料持っていかれるイメージがある
・祖先に不都合な情報があるかもしれないので公開したくない
・古文書の印象は強いが読めない難しい
・世代交代・家の建て替えで失われる資料の多さへの共感
【もっと知りたい・疑問・考えたこと】
・人材は足りているのか(古文書の読解能力など)
・どの程度勉強すれば、古文書の解読ができるようになるのか
・地域住民の関わり方が難しいのでは?素人作業による破損の可能性など
・中西家の古文書の活用方法、公開予定などはあるか?
・新旧住民の意識の差をどうするか。やる気のある新住民がいても、よそ者扱いされるなど
【アイデア・やってみたいこと】
・地理学など他分野と連携する
・GISの活用
・紹介文や看板を立てる等遺産について地域全体で共有する
・デジタルアーカイブ化する
・古文書に乗っていた料理を再現するなどしてビジネスに活かす
・小学校の授業と連携する
・地域で古文書を保存整理出来る人材を育成する
・解読だけでなく、全ての行程にてついて地域の人にやってもらう

などなどたくさんの意見が出されました。
会場から出た意見については、坂江さんと板垣さんにご回答や説明を頂きました。
時間の都合もあり、会場から出た意見に対して深い議論までは到達できませんでしたが、参加者の歴史資料を活かした地域づくりへの興味関心の高さがうかがえました。今後の活動への発展を期待したいところです。
ご参加された皆様、ありがとうございました。

藤原ひとみ

 投稿日:2012-09-11カテゴリー:活動報告

【教育研究】篠山市インターンシップが始まりました

神戸大学農学部では、教室での学習と関連した職業体験や生活体験を学生に提供し、より現場や社会に貢献できる実践的な人材を育成する「食農コープ教育プログラム」を推進しています。
このカリキュラムのひとつである「食農コープインターンシップ」では、徳島県の農家や篠山市内のいろいろな職種へインターンできるよう、受け入れ先を調整してきました。

篠山市内ではこの夏5か所の受け入れ希望があり、そのなかの一つ「ささらい」というレストランへ発達科学部2年生が1名、9月7日~9日の3日間お世話になっています。

ささらいでは、ちょうど蔵びらきというイベントを開催しており、今日は多くのお客様と出店とでにぎわっていました。
彼女は、ささらいのなかのパン屋さんでサンドウィッチセットなどの販売をお手伝いしていました。

彼女は1年のときに篠山市の畑地区で「実践農学入門」という授業を履修した学生です。そのときに篠山にきたことを契機に篠山市でのインターンシップ希望につながったのだと思います。こうして、篠山市で多様な経験ができる場をもっと作りたいなと思います。

布施未恵子

 投稿日:2012-09-08カテゴリー:活動報告

2012年度 夏期篠山市古文書合宿がスタートしました!

篠山市日置地区でみつかった中西家の古文書調査を契機に、神戸大学文学部と篠山市との連携事業が始まったのがH22年度の冬のことでした。それから、毎年開催している文学部の古文書合宿を篠山市で開催することになったのがH23年度です。今年も、その流れをうけて篠山市で神戸大学文学部の古文書合宿が開催されています。

今回の合宿参加者は学部生が24名、博士前期課程が12名、博士後期課程が2名と、教員10名、神戸大学附属図書館から2名の合計50名です。

合宿の1日目は、古文書が保管してあった中西家の蔵(現在のささらい)を視察し、簡単な講義をおこない、夕方から市民向けにオープンセミナーを開催しました。

合宿の2日目は、古文書の解読をおこなっています。

昨年度も、篠山市民の方が合宿を視察にこられて、学生たちと話をしています。古文書解読などに興味のある方、ぜひこれを機会に篠山フィールドステーションに足を運んでみてくださいね。

布施未恵子

 投稿日:2012-09-07カテゴリー:施設利用
戻る  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ
篠山フィールドステーション
兵庫県篠山市東新町4番地5
TEL & FAX : 079-506-2366
アクセス